武藤英紀 来シーズンからインディカー名門チームのドライバーに


IRLインディカーの名門、アンドレッティ・グリーン・レーシング(Andretti Green Racing)の共同オーナーを務めるキム・グリーン(Kim Green)氏が1日、2007年シーズン王者のダリオ・フランキッティ(Dario Franchitti、スコットランド)に代わって、来シーズンから日本の武藤英紀(Hideki Mutoh)をドライバーに起用することを明らかにしました。

ベテランドライバーのフランキッティは、来季からNASCARに参戦する予定で、空席となったドライバーズシートにインディカーの下のカテゴリーにあたるインディプロ・シリーズ(Indy Pro Series)で新人賞を獲得した武藤が収まることとなりました。

武藤英紀についてグリーン氏は「ヒデキは(インディプロシリーズの)優勝を勝ち取れなかったが、非常にタフで争いの激しいシリーズの中、初参戦のオーバルトラックでとてもよくやっていた。それが彼のポジションアップに繋がったと思う。彼をマシンに乗せることができるのを嬉しく思い、願わくば次のレベル、つまりウィナーズサークル(表彰台)まで引き揚げたい」と期待を寄せています。


これは日本のモータースポーツ界にとって、かなり大きなニュースです。

これまでにもインディカーには、ロジャー安川、松田秀士、野田英樹、高木虎之介、中野信治、服部茂章、松浦孝亮と多くの日本人ドライバーが参戦していますが、今年のチャンピオンチームで名門のアンドレッティ・グリーン・レーシングからの参戦です。

これまで日本人ドライバーがF1やCARTといった海外の最高峰のレースに進出しても、あまりチームに恵まれていないのが常でした。

高木虎之介なんか、歴代の日本人レーサーの中でも最も実力のあったドライバーだと思いますが、当時はF1からホンダが撤退し、モータースポーツ人気が下降気味でした。

そのため、ティレルやアロウズといった下位チームにしか所属することが出来ず、高木虎之助本来のパフォーマンスを発揮することが出来ませんでした。

一方、現在スーパーアグリで頑張っている佐藤琢磨はBARホンダでF1デビューしましたが、これまでの日本人レーサーでは最も恵まれたチームだったと思います。

それでも、フェラーリ、マクラーレン、ルノーといったトップチームとは差があり、優勝争いには食い込めませんでした。


武藤英紀は、デビュー地点から優勝を狙えるポジションにいることになります。

これまでの経歴を見ても、武藤英紀は強運の持ち主と言えます。

フォーミュラ・ニッポンでも、野田英樹、高木虎之介、中野信治といった有力ドライバーを輩出してきた中嶋悟率いる名門「PIAA NAKAJIMAレーシング」に所属していました(結果はイマイチでしたが・・・)。

その翌年からインディ・プロ・レーシングに参戦。

順位の浮き沈みが激しいレース結果でしたが、新人賞を獲得。

更に、スポット参戦したIRL17戦で見事8位完走するとともに、ファーステストラップを記録しました。

武藤英紀は強運とともに与えられたチャンスで見事な結果を残し、アンドレッティ・グリーン・レーシングからの参戦を勝ち取りました。


中嶋一貴も、来期名門ウィリアムズから参戦する可能性が高くなっています。

中嶋企画出身レーサーが、F1、インディカーで同時に活躍する姿を是非見てみたいものです。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。