ブリヂストン社主催イベントにハミルトン、マッサ、佐藤琢磨登場



F1第15戦・日本GP(Japan Grand Prix 2007)に出場するマクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes)のルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)、フェラーリ(Ferrari)のフェリペ・マッサ(Felipe Massa)、スーパーアグリ(Super Aguri)の佐藤琢磨(Takuma Sato)らが、都内のホテルで開催されたブリヂストン(Bridgestone)社主催のプロモーションイベントに登場しました。

マクラーレンとフェラーリ、両チームのドライバーを呼んでのイベント。

さすがに全チームにタイヤを供給しているブリジストンだからこそ出来る、豪華な組み合わせです。

ハミルトンとマッサの組み合わせというのも、順当なところです。

ハミルトンとアロンソだと緊迫した雰囲気になりそうだし、マッサとアロンソもファイナルラップでの接触でもめた事もあるし。

クールなライコネンは他のドライバーとギスギスすることはないものの、そもそもイベントを盛り上げるタイプではなさそうです。


ハミルトンは、多くのF1ドライバーから絶賛されている鈴鹿サーキットで走れないことを残念とコメント。

一方「僕はまだ新人。リラックスして戦うよ」という謙虚なコメントもありましたが、これはまさしく余裕の裏返し。

富士スピードウェイは、ほとんどのドライバーが初めてドライブするだけに、ほぼイコール条件となります。

天才ルーキー、ハミルトンの強さが際立つレースになるのかもしれません。


また、スーパーアグリの活躍にも期待です。

チームの現状を考えると、スペインGPやカナダGPでの入賞という快挙の再現は難しいような気がしますが、佐藤琢磨はここ一番というところで強さを発揮するドライバーです。

富士スピードウェイでの日本GPでも、ファンが納得する走りを見せてくれそうです。


2007年のF1第15戦・日本GPは28日に富士スピードウェイ(Fuji Speedway)で開幕し、30日に決勝を迎えます。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。