ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー夫妻、家族と欧州へ移住か


俳優ブラッド・ピット(Brad Pitt、43)と女優アンジェリーナ・ジョリー(Angelina Jolie、32)が、4人の子どもたちが「より広く世界を理解できる」ようにと、欧州に住居を構えようとしていることがわかりました。

ブラッド・ピットが21日に発売されたスペインの週刊誌XL Semanalで語りました。

「世界各地を回って生活しているけど、欧州に拠点を構えようと思うんだ。欧州からだと世界で起こっている出来事により触れることができ、アフリカやアジアにもアクセスしやすいしね」とピット。

「4人の子どもたちには、世界に対するより広い視野を持ってほしいんだ。スペイン、イタリア、フランスでの生活は快適で健康的だよ」

ブラッド・ピットとアンジョリーナ・ジョリーは、カンボジアから養子縁組をしたマドックス(Maddox)くん(6)、ベトナムから養子に迎えたパックス(Pax)くん(3)、エチオピアからのザハラ(Zahara)ちゃん(2)、2人の実娘シャイロ(Shiloh)ちゃん(1歳4か月)の4人の子どもがいます。

しかしブラッド・ピットはさらに養子縁組を考えていると語っています。

「これで終わりじゃないさ。誰かに機会を与えられるこんな手段があって、本当に幸運だよ。でも、それだけでもないんだ。わたしには4人の子どもたちがいない生活なんて考えられない。養子縁組を考えている人がいても、わたしほど熱心にはなれないんじゃないかな」

2人と4人の子どもたちは、クリント・イーストウッド(Clint Eastwood)監督作品『The Changeling』の撮影を行っているジョリーのために、最近ニューヨークからロサンゼルスに引っ越したと伝えられていました。


それにしてもブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー夫妻は、どうやって養子縁組する子供たちを選ぶのでしょうか?

世界中で、「ブラッド・ピット、アンジェリーナ・ジョリー夫妻の養子になりたい人は?」と問いかければ、どれくらいの手が挙がるか想像も付きません。

しかし、だからといって「それじゃあ明日からブラッドピットがパパで、アンジョリーナ・ジョリーがママです!」と言われて、素直に馴染む異国の子供はそう多くないはずです。

きっと、ものすごいバックアップ体制があるのでしょうね。

凡人には、想像も付かない考え方と暮らしぶりです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。