マークXジオ(Zio)発売開始 3モードキャビンが特長のニュービークル

トヨタ自動車がマークXの派生モデル「マークX ジオ」を発売しました。

コンセプトは「4+Free(フォー・プラス・フリー)」。

積載性に優れるワゴン型ボディに大人がゆったりと座れる独立4座シートを配しながらも、3列目のシートアレンジにより、セダン・ワゴン・ミニバンそれぞれの使い勝手が可能な「3モードキャビン」を実現しています。


この特徴的なデザインのベースとなったのは、2年前の東京モーターショーで出展されていた「トヨタFSC」です。

近未来的なデザインは、当時のコンセプトカーの面影を感じさせてくれます。


このマークXジオ、マークXの名を冠するものの、セダンとは全く別のプラットフォームが使用されています。

セダンのマークXが後輪駆動(FR)なのに対し、マークXジオは 「オーリス」や「ブレイド」と同じプラットフォームを使用した前輪駆動車(FF)となっています。

そう言えば、先々代モデルのマークUとマークUクオリスも、FFとFRの関係にありました。

プラットフォームが全く異なるものの、セダンのマークXが持つ「洗練」「上質」「走りのよさ」といったブランドイメージを共有するものとして、マークXジオのネーミングがつけられたそうです。

ただ、スポーツセダンと言ってもおかしくない躍動感あふれるスタイルが魅力のマークXと、近未来的なスタイルが特長のマークXジオ。

ブランドイメージの目指す方向が同じとは言え、あまりにコンセプトとデザインが違い過ぎるような気がします。

マークXジオは、マークXとは関係ないネーミングのほうが良かったのでは、と思ってしまいます。

ちなみに「ジオ」は、英語「Zone in One」の頭文字を使った造語です。

1台で多様な空間をもつという意味が込められており、こちらはコンセプトに合致したネーミングと言えます。



エンジンは、「2AZ−FE型」の2.4リッター直4(163ps/6000rpm、22.6kgm/4000rpm)と、「2GR−FE型」の3.5リッターV6(280ps/6200rpm、35.1kgm/4700rpm)の2種類。

この部分も、ブレイドと共通です。

3.5リッターエンジンを搭載したブレイドマスターはかなり尖ったモデルですが、マークXジオには3.5リッターエンジンのほうが、合っているような気がします。

売れ筋は2.4リッターでしょうが・・・。


ボディサイズは、全長×全幅×全高=4695×1785×1550mmで、ホイールベース=2780mm。

何と、高さは最大のライバルとなりそうなホンダの低床ミニバン「オデッセイ」と同じです!

現行のオデッセイが登場した時は、7人乗れるL型ミニバンタイプで同じ高さの車はなかなか出てこないだろうと思っていましたが・・・。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。