燃料電池車「トヨタFCHV」が大阪―東京間約560キロを完走 

トヨタ自動車は28日、燃料電池を用いたハイブリッド車「トヨタFCHV」の走行試験を実施し、燃料の水素を途中で補給せずに大阪−東京間、約560キロを完走したと発表しました。

燃料となる水素の貯蔵量は6キログラムあり、走行試験後も残っていました。

今回の燃費からすると、1回の燃料補給で800キロ前後走れる計算になるそうです。


「トヨタFCHV」は、スポーツタイプ多目的車(SUV)「クルーガー」の車体をベースに開発されました。

燃料電池と2次電池を動力源とし、電気モーターで駆動する燃料電池型ハイブリッド車で、走行時に二酸化炭素(CO2)を排出しないことから、“究極のエコカー”として普及が期待されています。

従来の走行距離は約330キロでしたが、燃料電池や制御システムを改良して燃費を約25%向上させたほか、燃料となる水素の貯蔵量もタンクの高圧化によって2倍の6キログラムに引き上げることで、今回の記録につながりました。

課題の1つだった1回の燃料補給における走行距離の短さを克服するメドをつけたことで、実用化に向けまた一歩近づいたことになります。


ただ、最大の問題はその価格で、現段階では量産しても数千万円はするとみられています。



レクサスの最高級ハイブリッドカーLS600hlより高いんですね・・・。

今回のテスト車を運転したドライバーも、さぞ気を使ったことだろうと思います。

ちなみに、「トヨタFCHV」は日米でリース販売されており、月々のリース代が1,050,000円!となっています。

1年もすれば、レクサスLS600hの販売価格に到達します・・・。


また、それより気になるのは燃料代です。

航続距離が伸びたのは良いとしても、そもそも水素燃料っていくらするんでしょうか?

まあ、車両本体価格自体が庶民にはとても手の届かない価格だけにあまり関係ありませんが、「ガソリン代が10月に最高値到達か!」という状況だけに、燃料代や燃費はどうしても気になってしまいますね。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。