自動車ニュースカテゴリの記事一覧

PSAプジョー・シトロエン、新型モデル「Citroen C5」を公開


パリ(Paris)北部のル・ブルジェ(Le Bourget)で18日、仏自動車メーカー、PSAプジョー・シトロエン(PSA Peugeot Citroen)がシトロエン(Citroen)の新型モデル「シトロエンC5(Citroen C5)」を公開しました。

同社ジル・ミッシェル(Gilles Michel)社長は、中国で建設中の武漢(Wuhan)工場で同モデルを生産すると発表しています。


シトロエンC5は、シトロエンの中ではC6に次ぐアッパーミドルサルーンです。

現行のシトロエンC5には、欧州車に多い4ドアセダンスタイルながらリアウィンドウがトランクと一緒に開閉するハッチバックタイプと、「ブレーク」と呼ばれるワゴンがあります。

今回の新型シトロエンC5にも、4ドアハッチバックとワゴンの「ブレーク」、両方が存在しています。


フランス車と言えば、どうしてもルノーやプジョーに注目が集まります。

しかし、シトロエンは油圧式ダンパー「ハイドロニューマチック」を一貫して採用し続けるなど、独自のブランドイメージを保っています。

「ハイドロニューマチック」には車高調整機能があり、子供の頃車高を調整するシトロエンの映像(多分、シトロエンCXのCMだと思う)を見て、びっくりしたのを今でも覚えています。


「ハイドロニューマチック」は、油圧系統を電子制御することで操縦安定性を高める「ハイドラクティブ」シリーズへと進化しており、C6とともに現行シトロエンC5にも「ハイドラクティブV」が搭載されていました。

「ハイドラクティブV」を採用した現行シトロエンC5の足回りは、高速走行における安定性と、しなやかな動きによる快適性の両方を確立している、と評判でした。



逆に評判が悪かったのが、つり目のヘッドライト形状。

どうしてもつり目はプジョーのイメージが強く、シトロエンらしくないと不評でした。

新型シトロエンC5のヘッドライトは、少しつり上がっていますが異形型で、現行モデルに比べかなり印象が変わりました。


基本的な性能は元々評判が高いだけに、このデザインが受ければ新型シトロエンC5は現行モデル以上にヒットしそうです。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。