シャープがアクオスシリーズ、新「AQUOSブルーレイ」を発表



電気・電子部品大手シャープ(Sharp)は26日、デジタル放送のハイビジョン番組をハイビジョン画質で録画・再生できる、

アクオス(AQUOS)ブルーレイディスクレコーダー4機種を発表しました。

ブルーレイディスク(BD)のみのBD−AV1、BD−AV10は10月27日、ハードディスクを搭載したBD−HDW15、BD−HDW20は12月1日に発売されます。


普及機に位置づける「BD−AV1」は、BD1層録画でフルハイビジョン映像の録画が3時間可能です。

操作は録画、再生、予約が専用ボタンを1回押すだけに簡略化するなど、ビデオデッキを使う感覚で使えるようにするとともに、機能を最小限に絞り込んでいます。


同じBDのみの「BD−AV10」は、片面2層記録に対応した容量50GBのブルーレイディスクの録画・再生が可能で、録画は最長6時間となっています。

ボディカラーで色番分けされており、BD−AV10−B(黒)、 BD−AV10−W(白)、 BD−AV10−R(赤)、BD−AV10−S(シルバー)となっています。

「BD−AV1」、「BD−AV10」の2機種の価格はオープン価格ながら、市場想定価格は10〜12万円前後となっています。

これまでの各メーカーの発表でのBDディスクの最低価格はソニーで14万円前後、ライバルとなる東芝のHD DVDでも15万円前後だったので、更に低価格化が進むことになります。


一方のハードディスク搭載機は、「BD−HDW15」が500ギガバイト、「BD−HDW20」にいたっては1テラバイトという業界最大の容量を備えたハードディスクが搭載されています。

値段は、BD−HDW20が30万円前後、BD−HDW15が20万円前後と、さすがにハードディスク搭載タイプはまだまだ高価ですが、いずれはこのタイプが主流になるのでしょう。


ただ、アクオスブランドで、10万円前後のBD録画機というのは、かなり注目を集めるのではないでしょうか。

10万円を割ろうものなら、一躍年末商戦の主役になりそうです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。