「ホワイト学割」で基本料3年間無料 ソフトバンクの新ホワイトプラン


ソフトバンクモバイル(Softbank Mobile)は21日、小学生から専門学校生・大学生までの学生を対象に、月額基本使用料980円を3年間無料にするサービス「ホワイト学割」を、2月1日から5月31日まで販売すると発表しました。


■基本料980円が無料のほかにも・・・

対象は新規加入者。

同社の3G携帯電話を購入し、「ホワイトプラン」、インターネット利用契約の「S!ベーシックパック」、パケット定額サービス「パケットし放題」を合わせて契約する必要がありまする。

契約から3年間は「ホワイトプラン」の基本料980円が無料となるほか、パケットし放題の最低定額料金が0円となります(通常は1029円から)。

受付期間中に学生であれば「ホワイト学割」が適用されるので、来春に学校を卒業するユーザーも、加入時から3年間このプランを利用することができます。


■学生に愛されるソフトバンクに

さらにホワイト学割には、3月1日からデコレーションメールやゲーム、電子コミック、占いなどのサービスが通信料のみで楽しめるポータルサイト「コンテンツ学割クラブ」を開設されます。

孫正義社長は「携帯料金のために、学生の皆さんがアルバイトしている現状はおかしいと感じ、このプランを発案した。学生に愛されるソフトバンクになりたい」と語っています。

「ホワイト学割」のCMに出演した学生キャストも「自分にとってはありがたいプラン。親に報告します」とコメントしています。

なお、すでにソフトバンクモバイルを利用している学生ユーザーには、4月1日に新たなサービスが発表される予定です。



新しいホワイト学割は、利用出来る学生にとってかなり魅力的なプランです。

元々ボーダーフォン時代の学生のシュアが低かったために、孫正義社長が起死回生を賭けて提案したプランだけに、ホワイト学割は他社の学生向けプランよりも料金体系が割安に設定されています。


「コンテンツ学割クラブ」も、1万点以上のメール用素材を無料提供する「タダデコ」や、電子コミック1話を無料配信する「タダコミ」、ゲームコンテンツを配信する「タダゲーム」、文学などの電子書籍を無料で提供する「タダ本」、芸人が演じる漫才やコントなどの音声を着信音として提供する「タダネタ」など、かなり学生の趣向を研究されたコンテンツを用意しています。


学割以外の新ホワイトプランの登場も、大いに期待したいものです。




×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。