経済ニュースカテゴリの記事一覧

トヨタ子会社、工場移転へ


トヨタ自動車(Toyota Motor)グループは23日、自動車組み立て工場を十数年ぶりに国内に建設する計画を発表しました。

売り上げが急成長するなか、生産の効率化を図ります。

トヨタ自動車の子会社、セントラル自動車(Central Motor Co.)は、「カローラ・アクシオ」、「bB」、ミニバン「ラウム」などを神奈川県の本社工場で生産していましたが、宮城県大衡村に移転します。

新工場は2010年に稼働を開始し、現在と同規模の年間約12万台を生産する予定です。

海外への自動車工場の移転が進む中、国内工場は老朽化が進んでいました。

しかし、ホンダが埼玉県寄居町、スズキが静岡県牧之原市にそれぞれ最先端の設備を持った新工場の建設を進めており、自動車産業の“国内回帰”が話題となっていました。

そんな中での王者トヨタの国内工場建設発表。

なんとトヨタグループでは、関東自動車工業が岩手工場(岩手県金ケ崎町)を1993年に稼働させて以来、実に17年ぶりの国内工場建設となります。

トヨタ自動車は、セントラル自動車の本社と併設する本社工場を、新工場完成に合わせて移転する計画です。


それにしても、宮城県大衡村は大喜びでしょう。

トヨタ自動車の期間従業員、期間工募集は、巨大な雇用を創出します。

トヨタ自動車がもたらすその他の経済波及効果は計り知れません。

トヨタ自動車の最新工場だけに、世界最先端の技術が結集されているはず。

工場見学依頼も殺到しそうですが、どこまで公開するのでしょうか。

私は三菱自動車のエンジン工場とダイハツの工場を見学したことがあります。

三菱の工場は、エンジン専用のためか工員の移動範囲が狭く、GDIエンジンの製造を割りと近くで見ることが出来ました。

一方、ダイハツは本体を作っている工場だったためロボットが多く、クルマ本体もコンベアで流れていました。

そのため見学通路が階上に設置されており、間近で見ることは出来ませんでした。

さすがに自動車工場はスケールが大きく、帰りはバスに乗って元の位置まで戻りました。


きっと、トヨタの新工場には、想像を絶する世界が広がっているのでしょう。

トヨタ自動車の工場見学、一度はしてみたいものです。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。