経済ニュースカテゴリの記事一覧

クライスラー、最高1万人の追加リストラへ


米自動車大手クライスラー(Chrysler)は1日、北米市場の縮小に伴い、8500人-1万人の工場従業員と、1000人の事務職員を削減すると発表しました。

ダイムラー・クライスラー時代の2月には、3年間で全労働力の16%に相当する1万3000人(工場従業員1万1000人、他2000人)を削減するリストラ計画を発表していたが、米投資ファンドのサーベラス・キャピタル・マネジメント(Cerberus Capital Management)傘下に入って初となる今回のリストラ計画で、削減人数がさらに上積みされます。

さらに、クライスラーは契約社員の37%を削減し、残業も全従業員を対象に削減します。

クライスラーは今回の削減について、業界全体の販売台数の低迷に伴う「調整」と説明しています。

一方で、同社は4車種の生産を中止し、新たにハイブリッド車2車種を含む4車種を投入すると発表しています。


10月の全米自動車販売が全体で2.7%の減少だったの対し、クライスラーは12%もの二ケタ減となっています。

逆にトヨタは0.5%増、ホンダも0.2%の微減と、日本メーカーは善戦しており、トヨタと鮮烈な販売競争を繰り広げているGMも0.4%減で踏みとどまっています。

確かに日産やマツダといった日本メーカーも、大規模なリストラを敢行しそこから這い上がってきました。

しかし、ルノーのカルロス・ゴーンやフォードといったバックボーンが、日産やマツダの復活に大きな影響を果たしました。


しかし、クライスラーは米ビッグ・スリーの一角だけに、あのダイムラーでも大胆な変革を実行することは、ほとんど出来ませんでした。

クライスラー復活の道筋は、かなり厳しそうです。


◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。