ドバイで国際モーターショー、ビッグネームの新車ずらり


アラブ首長国連邦のドバイ(Dubai)で15日、第9回中東国際モーターショー(Middle East International Motor Show)の記者発表会が行われ、メルセデス・ベンツ(Mercedes-Benz)の新型SLRマクラーレン・ロードスター(McLaren Roadster)やロールスロイス(Rolls-Royce)の2008年型ファントム・ドロップヘッドクーペ(Phantom Drop Head Coupe)などが公開されました。

オイルマネーで沸く中東で開催されるモーターショーだけに、自動車メーカーも高価なモデルの展示が多いようです。

確かに、ここでハイブリッド車や燃料電池車といったガソリンエンジンに替わる次世代車や、省エネ車を紹介しても受けないでしょう。

メルセデスは、東京モーターショーではディーゼルエンジンで使用する軽油のようにガソリンを自然発火させる技術「ディーゾット」を売りにしたラグジュアリーコンセプトカー「F700」を大いにアピールしてました。

しかし、この中東国際モーターショーでは石油王達を意識してメルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスター」をメインとしているようです。

このメルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターは、2003年に発売され、現在は販売停止となっているクーペモデル「メルセデス・ベンツSLRマクラーレン」のオープンモデルです。

AMG製エンジンは、従来のSLRマクラーレンと同じスーパーチャージャー付の5.5リッターV型8気筒で、最高出力626ps!!。

オープンルーフは、最近小型のオープンカーでも電動式のハードトップ採用が増えていますが、メルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターはソフトトップを採用しています。

やはり、リアルスポーツカーだけに軽量化というところにこだわったのでしょうか。

それにしても、これでもかとばかりに長いフロントノーズに対して極端に短いリアエンド、特にメルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターの横からの眺めは、F1マシンを彷彿させるスタイリングです。

日本での販売価格は7,000万円!

メルセデス・ベンツSLR マクラーレン ロードスターは、中東でもそれに近い価格で販売されるのでしょう。

しかし、石油王達にとっては、どうってことのない価格なのでしょう。


◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定






×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。