アウディ、「A1」のデザインスタディーモデルを公開


ベルギーのブリュッセルにあるアウディ・ブリュッセル(Audi Brussels)工場で、新型アウディA1のデザインスタディーモデル「メトロプロジェクトクワトロ(Metroproject Quattro)」が報道陣に公開されました。

新型アウディA1は2010年から、同工場限定で生産されます。


東京モーターショーで世界初公開された、アウディのコンパクトハッチバックのデザインスタディモデル「メトロプロジェクト クワトロ」が、生産工場で報道陣に公開されました。

ネット上で噂先行となったアウディA1ですが、販売確実な状況になりました。

アウディA1は、BMWのミニ(MINI)に対抗すべく、開発中のスポーツハッチバックです。

「メトロプロジェクトクワトロ(Metroproject Quattro)」が原型になると言われており、独特のショルダーラインが特徴的です。

ただ、アウディA1の最大のセールスポイントは、動力系にあります。

アウディと言えば「クワトロ」が代名詞となるくらい、その4輪駆動は定評があります。

しかし、アウディA1のクワトロシステムは、通常のものとは異なります。

エンジンは、フロント横置きに搭載される1.4リッターのTFSIエンジンですが、駆動輪はフロントのみ。

アウディA1は、リアに搭載される電気モーターで後輪駆動させます。

つまり、ガソリンエンジンと電気モーターからなるクワトロシステム(4輪駆動)で、TFSIエンジンが150ps、電気モーター41psと、アウディA1はハイブリッドで強力なパワーを生み出します。

その一方、ハイブリッドの恩恵で燃費をリッター20.4kmと、スポーツモデルとしてはかなり優秀です。

トヨタやホンダも走行性能と環境性能を両立させたスポーツカーを開発中で、同カテゴリーの競争は今後激化しそうです。


「メトロプロジェクトクワトロ」には、車両へのアクセス認証システム「アウディ モバイルデバイス」も装備されており、これらの先進技術も、アウディA1に採用される可能性があります。

デザイン良し、エンジンパワーとクワトロシステムによる走行性の良し、更に環境性能も優秀と、アウディA1は販売開始されるとかなり話題になりそうです。




◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定





×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。