プレステ3の販売が、発売以来初めてウィーを上回る


ソニーの業績が上向きつつあるようです。

発売から1年の間苦戦していたゲーム機「プレイステーション3(PlayStation 3、PS3)」の売れ行きがついに好転し、薄型テレビでは「発明のソニー」復権の兆しが見えています。

業績は改善されつつあり、デジタルカメラなどの製品も好調な売れ行きを記録、今年の営業利益は6倍強に拡大する見通しとなっています。

■リストラと事業再編で復活、オイルマネーも注目

ハワード・ストリンガー(Howard Stringer)会長兼CEOが2005年に就任して以来、ソニーは何千人規模のリストラを断行し、金融子会社の上場を果たし、半導体事業は東芝(Toshiba)への売却を決めました。

オイルマネーで潤う中東のファンドも同社に注目しています。

ドバイ(Dubai)の投資ファンドが最近、ソニーグループの相当株を取得。

これを受けて同社株は前週に比べ14%も高騰しました。

ソニーの発表によると、プレステ3(PS3)は米国で100ドル値下げした後、感謝祭の週末で3倍以上を売り上げました。

また日本でも、出版社のエンターブレイン(Enterbrain)が30日、11月の国内販売台数が初めて任天堂(Nintendo)のゲーム機「Wii(ウィー)」を上回ったと発表しています。

■プレステ3(PS3)を足がかりにゲーム部門の赤字削減へ

プレステ3(PS3)は半導体の高性能と超リアルなグラフィックスにこだわったゲーム機として2006年に発売されました。

しかし、大衆向けに使いやすさを追求し、価格も大幅に安いウィー(Wii)に大きく水を開けられていました。

アナリストの予想では、日本でPS3がWiiを上回る状況はそれほど長く続かないかもしれないが、販売増加と製造経費削減に伴い、ソニーのゲーム部門の赤字は徐々に減る見通しとなっています。

KBC証券(KBC Securities)のアナリスト、上出浩史(Hiroshi Kamide)氏は、ソニーが失われた地盤を取り戻しつつあると分析し、同社が本来の姿を取り戻すところまでは行かないにしても、2007年はPS3にとって良い出発点になりそうだと見ています。

マッコーリー証券(Macquarie Securities)のアナリスト、デビッド・ギブソン(David Gibson)氏は、最近の販売増加について「PS3事業の業績改善を示す兆候だ」と解説しています。


薄型テレビで、ソニーが好調なのは実感出来ますが、11月の販売でプレステ3がウィー(Wii)を上回ったと言うのは、正直意外な感じです。

任天堂のウィーは、今月からウィー・フィット(Wii Fit)の販売を開始しました。

発売当日は、行列が出来るほどの人気ぶりとなっていました。

ウィー・フィットが、任天堂DSライトとともにクリスマス商戦の主役になるのは、ほぼ間違いのないところです。

プレステ3は、ひょっとしたら東京モーターショーで展示されていた「グランツーリスモ」効果が、多少なりともあって初めてウィーを上回ったのかもしれません。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。