日産マーチに発売25周年特別仕様車3タイプ登場

日産自動車は8日、「マーチ」発売25周年を記念した特別仕様車「25th Happiness(ニーゴー ハピネス)」、「Plus Safety(プラス セーフティ)」、「KISEKAE(キセカエ)」の3車種を発売を開始しました。

「日産マーチ25th Happiness(ニーゴー ハピネス)」は「12S」、「14S FOUR」をベースに、専用色シルキーベージュのボディカラーを採用しています。

内装色はカカオでインサイドドアハンドルにアイボリー加飾が施され、最近の日産車らしいおしゃれな内外装カラーリングとなっています。

また、消臭天井、オートライトシステム、オーディオ用ステアリングスイッチといった人気装備も標準装備としつつ、価格は抑え目に設定されています。

「日産マーチPlus Safety(プラス セーフティ)」は「12E」、「14E FOUR」をベースに「25th Happiness(ニーゴー ハピネス)」のカラーリングと装備を採用。

加えて、運転席・助手席SRSサイドエアバッグシステム、SRSカーテンエアバッグシステム、キセノンヘッドランプ(ロービーム/オートレベライザー付)等の安全装備が満載の仕様となっています。

「日産マーチKISEKAE(キセカエ)」は、「12S」、「14S FOUR」をベースに、シャボン玉をモチーフにした「まるまる仕様」とビビッドな縦縞の「しましま仕様」の2種類のシートカバーが用意され、着せ替え出来るようになっています。


それにしても、日産マーチはモデルサイクルの長いクルマです。

一般に自動車のフルモデルは4〜5年に一度が一般的で、25年販売を続けていたら5代目、もしくは6代目に移行している計算ですが、マーチはまだまだ3代目です。

確かに、トヨタ・スターレット、ホンダ・シティ、スズキ・カルタス、ダイハツ・シャレードといった一昔前のコンパクトカー達もモデルサイクルが長く、初代マーチ(K10マーチ)が10年近く販売され続けていても、それほど違和感を感じませんでした。

しかし、トヨタ・ヴィッツ、ホンダ・フィットといった超人気モデルがコンパクトカーで登場した時代に登場した2代目マーチ(K11マーチ)も、堅調な販売成績を維持し、10年近く発売され続けました。

2代目マーチのスタイリングは、発売当初からどことなく古臭い印象がして売れないのではないかと思いましたが、欧州製コンパクトカーに近い水準の品質が、ファンを増やしました。

そして現在の3代目マーチ(K12マーチ)は、これまでの角ばったスタイルから一新、曲線を多用した美しいデザインが採用されました。

ヴィッツ、フィットに加え、マツダ・デミオ、三菱・コルト等次から次へと強力ライバルが出てくるコンパクトカー市場においても、3代目マーチは善戦しています。


日産マーチは安定した販売成績を維持し続けてきただけに、中古車も豊富です。

免許取得後の初めての車として、日産マーチの中古車を選ぶ人も多いようです。

どちらかと言うと、女性向けといった印象が3代目マーチには強いですが、初代マーチはターボモデル、マーチ・ターボを用意し、中古車市場でも人気を博していました。

そのマーチ・ターボの究極の形とも言えるのが、マーチ・スーパーターボです。

マーチ・スーパーターボは、マーチRという全日本ラリー選手権で使われていたレース仕様車をベースに開発されました。

その名の通り、1000ccのエンジンにスーパーチャージャーとターボという2つの加給機を備えたスポーツタイプのK10マーチでした。

最近話題となったフォルクスワーゲン・ゴルフGT TSIと基本的に同じ形式を、マーチ・スーパーターボは約20年前に市販モデルで実現していたことになります。

マーチ・スーパーターボは、昔「技術の日産」と呼ばれたこともあるいかにも日産らしいクルマでした。


◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。