バットマンの撮影予定変更 原因は水質汚染


映画「バットマン(Batman)」シリーズ最新作『The Dark Knight』で、バットマンが飛行機から香港(Hong Kong)のビクトリア湾(Victoria Harbour)に飛び降りるシーンがカットされることになりそうです。

水質汚染が進んでいる湾に飛び込むのは、大胆なスタントよりも命を危険にさらす可能性が大きいためです。

同作は、2005年の前作『バットマン ビギンズ(Batman Begins)』に続くシリーズ最新作で、前作から引き続きクリストファー・ノーラン(Christopher Nolan)監督がメガホンを取り、クリスチャン・ベイル(Christian Bale)が主演しています。

問題のシーンは、バットマンが軍用機C-130 Herculesからビクトリア湾に飛び降り、水の中から竹を登って登場するという設定。

サウス・チャイナ・モーニング・ポスト(South China Morning Post)紙によると、同作のプロデューサーらはこのシーンの撮影を次週に予定していますが、湾の水質が悪いため、飛び込んだ出演者の健康に害を及ぼす危険があると考えています。

さらに匿名の情報筋によれば、海水を調べた結果サルモネラ菌や結核菌などが見つかったため撮影は中止となり、同場面は屋内での撮影に変更されることになったそうです。

香港の環境保護当局は、ビクトリア湾の水質が未処理の汚水のため泳ぐのに適していないことを認めています。
 
世界自然保護基金(WWF)香港支部のClarus Chu氏は、「バットマンはどんな悪党も倒せるのに、香港の水質は手に負えないで

いる。問題はとても深刻だ。政府は緊急に対処しなければならない。香港は愚かなお笑い者にもなりかねない」と語っています。

同氏によると、香港の水質は近年改善されているが、現在も国際基準を下回っています。

「中国の主要都市でさえ、香港よりは上等な水質を保っている。香港の水質は国際基準を下回ったままだ。政府はビクトリア湾での競泳大会開催を考えていたようだが、それは単なる願望でしかない」

香港では劣悪な水質のほか、気汚染も進んでおり、香港の街には長期間もやがかかっています。

原因は地元の発電所と近隣の珠江デルタ(Pearl River Delta)に建てられた工場の排気だとされています。

バットマン『The Dark Knight』にはクリスチャン・ベイルのほか、ヒース・レジャー(Heath Ledger)、マイケル・ケイン(Michael Caine)も出演しています。

公開は2008年の予定です。


それにしても、ビクトリア湾ってどんな海なんでしょうか。

ビクトリア・パークは5年ほど前に全面リニューアル工事が行われ、更に美しい公園になったと聞いていましたが・・・。

1回の撮影でも難しいと判断、しかも政府が泳ぐに適していないことを認めるなんて、よっぽどですね。

元々、近代的だった香港の街並みに、中国の急成長の波が押し寄せ、急速に環境破壊が進んだのでしょうか。

まあ、昔の東京湾もひどかったようですから、ビクトリア湾もいずれ環境整備されるのでしょうが・・・。




この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。