やはりカローラはすごいですね

トヨタ自動車が発表した2007年1−9月の世界生産台数(ダイハツ、日野自動車含む)は、前年同月比4.3%増の699万791台で、GMの予想690万6000台と見込まれているGMの生産台数を上回りました。

海外で著しく生産台数を伸ばしているトヨタの年間生産台数予想が前年比4.5%増の942万台に対し、GMは同0.6%増の925万7000台。

生産台数は勝負あった感じです。

一方の世界販売台数は9月時点でトヨタ705万台に対し、GMは706万1000台とわずかにGMがリード。

世界販売台数一位をかけたトヨタとGMの争いは、年末まで続きそうです。


それにしても、トヨタの強さは相変わらずで、関連会社のデンソーやアイシン精機も増益を確保しています。

完成車の世界での売れ行きも、トヨタが7%増の632万7000台、ダイハツが9%増の64万4000台、日野が1%増の8万台と全てプラスとなっています。

先日発売された「マークXジオ」も、国内での発売後1ヶ月の受注が、月間販売目標4000台の2倍に当たる8000台に達しています。

これはちょっと意外でした。

CMに出てくるマークXジオはどことなくずんぐりした印象で、ある程度名前が広まるまでそれほど販売が伸びないと思っていましたが・・・。

やはり、マークXのブランドネームが効いているのでしょうか。

しかしながら、最近は新型車登場の頻度が増えている(特にトヨタ)せいか、新車効果が長続きしない傾向にあります。

ただ、今のところホンダのオデッセイ以外に、マークXジオに目ぼしいライバルは見当たりません。

マークXジオが好調をどこまで維持出来るのか、興味深いところです。

一方、トヨタの販売の鍵を握るのは、やはりカローラです。

2008年の世界販売台数は、2007年より20万台多い150万台を見込んでいます。

これはすごい数字です。

日本ではライバルとなるホンダ・シビックや、フォルクスワーゲン・ゴルフといった世界戦略車でも、世界販売台数は約70万台です。

また、三菱やマツダの世界生産台数は、全車種合わせて約130万台。

来年は、カローラ1台で三菱やマツダを上回る計算です。

やはりカローラはすごいですね。

ちなみにブラジルでは、カローラはBMWと同じくらいステータス性の高い車になっています。

日本にやって来たブラジル人は、街中を普通に走っているカローラを見て、きっと驚くことでしょう。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定



この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。