東京モーターショー、リアルでもバーチャルでも新車を体感

一般公開が始まった東京モーターショー(Tokyo Motor Show)では、各社の新車が現実世界と同時にバーチャル世界にもデビューを果たしました。

展示場で本物の新車を見た後は、ゲーム「グランツーリスモ(Gran Turismo)」シリーズの最新版「グランツーリスモ5」で、バーチャル「試乗」を体験できます。

ソニー・コンピュータエンタテインメント(Sony Computer Entertainment、SCEI)と自動車製造会社が開発したこのゲームでは、レースサーキットでの走行感や実際のレースでのガソリンの消耗量などが体験できます。

このバーチャル試乗では、日産自動車(Nissan Motor)の新型GT−R、富士重工業(Subaru)のスバル インプレッサWRX STI(Impreza WRX STI)を始め、トヨタ自動車(Toyota Motor)、ダイハツ(Daihatsu)、三菱自動車(Mitsubishi Motors)、マツダ(Mazda)、BMWにも「試乗」できます。

「グランツーリスモ5」の販売は国内は12月、海外では年明けからになる予定。


今年の東京モーターショーには、既に発表されたレクサスIS−Fや発売開始している三菱ランサーエボリューション]に加え、日産GT−R、新型スバルインプレッサが新たに正式発表され、魅力的なスポーツカーが勢揃いしています。

インプレッサWRX STIのエンジンは、ついに280psを超え308psに到達しました。

ライバルのランエボ]は280psのままだったので、数字上横一線だったエンジンパワーに差が付きました。

ボディスタイルも、ランエボ]がシャーシが一新されたものの従来からのセダンスタイルを踏襲したのに対し、新型インプレッサWRX STIはハッチバックに変更。

現在、「世界ラリー選手権」(WRC)に出場しているシトロエンC4やフォードフォーカスもハッチバック形式なので、インプレッサSTIもトレンドに合わせた感じです。

来シーズンから本格参戦するスズキのSX−4もハッチバックです。

現在ラリーで戦っているインプレッサセダンも、個性的で魅力がありますが・・・。


東京モーターショーで用意された「グランツーリスモ5」なら、これらのクルマを一度に疑似体験出来ますね。

777万円もするGT−Rを簡単に買うことが出来る人なら、レクサスIS−Fやランサーエボリューション]、インプレッサWRX STIもまとめて買うことも可能でしょうから、「グランツーリスモ5」は必要ないのかもしれませんが、一般人にとってはありがたいソフトです。

「グランツーリスモ5」なら、一般道は勿論のこと、サーキット、それにラリーのようなダートでも、ランエボ]と新型インプレッサを競わせることが出来ます。


それにしても、スポーツカーと言えども、原油価格の高止まりと環境配慮で燃費性能を無視できない時代となりました。

東京モーターショーには海外勢も含め多数のスポーツカーが出展されますが、やはりメインは環境性能です。

インプレッサSTIにも、レガシシィーで好評だったSIドライブを搭載し、「パフォーマンス重視」とともに「燃費重視」モードが選択可能です。


中古車のランエボやインプレッサは高値安定が続いています。

新型ランエボ]や新型インプレッサSTIへの三菱、スバルの力の入れようを見ていると、中古車価格が下落することは考えにくい状況です。

更に、燃費性能アップで、購入後のランニングコストも安くなると・・・。

ランサーエボリューション]、スバルインプレッサWRX STI共に車両価格は300万円を軽くオーバーしますが、そのパフォーマンスも考えれば、かなりお得なスポーツカーなのかもしれません。



◇自動車関連費用を引き下げるなら

1.ガソリン代最大30%キャッシュバック!JCBドライバーズプラス

JCBドライバーズプラスは、日本発の国際ブランドであるJCBが発行するドライバー向けクレジットカードです。

前月の利用代金に応じて、高速代やガソリン代が最大で30%!キャッシュバックされます。

しかも、石油会社系のカードだと自社スタンドでしか使えませんが、JCBドライバーズプラスカードならどこのガソリンスタンドでもキャッシュバックOK!

JCBドライバーズプラスは、ガソリン代節約の強い味方となるクレジットカードです。

キャッシュバックがうれしい【JCBドライバーズプラス】



2.自動車保険の比較は【保険の窓口 インズウェブ】で!

自動車購入後、毎年払わなければならない自動車保険は、かなり痛い出費です。

そんな自動車保険、加入者の条件によって最もお得な保険会社は変わることがあります。

保険の窓口 インズウェブなら、ソニー損保、三井ダイレクト、東京海上日動、アクサダイレクトなど、最大20社からの無料での同時見積もりが可能です。

しっかりとチェックして、自分にあった保険会社の自動車保険を選びましょう!

保険の窓口 インズウェブで見積り!全員に500円マックカードプレゼント!



3.あなたの愛車今いくら?複数社の見積比較で車の最高価格がわかる。


愛車を手放す場合、どこに売るかで価格は大きく変わります。

新車購入時、そのままディーラーに下取りに出すと、本来の適正価格で評価してもらえない可能性があります。

カービュー(carview)なら、大手査定会社のJAC、ガリバー、カーセブン、ラビット、アップルなどの会社から、無料での一括査定が可能です。

あらかじめ、自分の愛車の適正価格を知ることは大切です。

クルマ売るなら、複数社の買取店無料一括比較のcarview愛車無料査定



この記事へのコメント
自動車、バイクなどの新製品情報
Posted by 自動車ニュース at 2007年11月03日 00:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

三発ヤってきた(笑) 
Excerpt: ツレに教えてもらったんだけど、マジでハメれまくって報酬もらえる(笑) 昨日は一発4まんもらってきた(笑)
Weblog: サカモト武
Tracked: 2007-11-02 09:15


Excerpt: スポーツカースポーツカー (Sports car) とは自動車のカテゴリの一つ。自動車の使用目的を条件としたカテゴリであり、運転を楽しむ(スポーツドライビング)ことを主な目的とし、高速走行時の操作性を..
Weblog: MAZDA車、購入前の豆知識
Tracked: 2008-02-03 06:59
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。