廉価版「プレイステーション3」を11月に発売 現行モデルも値下げへ


ソニー(Sony)は9日、家庭用ゲーム機「プレイステーション3(PlayStation 3 )」の本体価格を10%引き下げるほか、新しいPS3を従来より低い価格帯で発売すると発表しました。

価格変更により20ギガバイトのハードディスクドライブ(HDD)を標準搭載した現行のPS3の本体価格は、希望小売価格4万4980円となります。

また40ギガバイトのHDDを標準搭載した新しいPS3は、11月11日に希望小売価格3万9980円で発売されます。

この新しいモデルは「プレイステーション2(PlayStation 3)」との互換性はありません。

価格引き下げの背景には、競合する任天堂(Nintendo)の「ウィー(Wii)」が好調な売り上げを見せている現状があります。
ウィー(Wii)や米アップル(Apple)のアイポッド(iPod)との競争で後れを取り、大規模なリストラのさなかにあるソニーの巻き返しは、新しいPS3の成功にかかっています。


プレステ3(PS3)は、昨年の発売直前にも価格が引き下げられていました。

わずか1年あまりの間に、2度も価格修正したことになります。

あのソニーだけに、ゲーム機全体の市場予測を十分に行っていたはず。

にもかかわらず、こんなに早く価格改定を余儀なくされたのは、それだけウィーが強かったということでしょう。

ただ現行品の値下げ額は約5000円で、どれほどの販売促進効果があるのかやや疑問の残るところです。


一方の新しい廉価版プレイステーション3(PS3)は、40ギガのハードディスク搭載ながら価格は3万9980円。

かなりインパクトのある価格設定と言えそうです。

キーボード等をつなぐUSB端子が4つから2つに減らされていますが、特に支障はなさそうです。

ただ、プレイステーションは1,2から続けて購入しているユーザーが多く、プレイステーション2との互換性がないことについては、少なからず影響があるかもしれません。


ボディカラーには、従来のクリアブラックのほか、新たにセラミック・ホワイトが追加されます。

セラミック・ホワイトは新鮮な感じで、ゲーム機としてよりブルーレイディスクとしてのプレイステーション3に魅力を感じている人に、受け入れられそうです。


9月末現在のプレイステーション3(PS3)の国内累計販売台数は約121万台で、ウィー(Wii)の約357万台の3分の1にとどまっています。

価格変更以降にプレイステーション3の新旧機種を購入した人には、映画「スパイダーマン3」のブルーレイ・ディスクをプレゼントするキャンペーンを始めることになっており、新しくなったプレステ3がどれだけ巻き返せるか注目されます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

バイオハザード アンブレラ・クロニクルズ
Excerpt: 本作よりも一足先にゴースト・スカッドにてザッパーを使用しましたが、一部でトリガーがめり込んで戻らない初期不良(?)らしき事象があるようですが、これが無ければ使用感はかなりいいと思います。公式(?)の構..
Weblog:
Tracked: 2007-10-28 00:31
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。