「24」のジャック役俳優サザーランドが、飲酒運転で逮捕



米人気TVドラマ「24(Twenty Four)」のジャック・バウアー(Jack Bauer)捜査官役で知られる俳優キーファー・サザーランド(Kiefer Sutherland)が25日早朝、飲酒運転の容疑で逮捕されました。

サザーランドは、ロサンゼルス(Los Angeles)のウエストハリウッド(West Hollywood)で午前1時10分頃、運転中にUターン禁止区域でUターンをした後に警察に停車を命じられ、身柄拘束されました。

その後、ハリウッド署で飲酒運転の軽犯罪容疑で取り調べを受け、同日午前6時頃に2万5000ドル(約290万円)の保釈金を支払って釈放されました。

芸能ニュース専門サイトTMZ.comによると、サザーランドは2004年にも飲酒運転で逮捕されており、今回は2度目の逮捕になります。

カリフォルニア州法に基づき有罪判決を受けた場合、サザーランドは最低でも5日間の懲役となります。

逮捕された日の午後、サザーランドはロサンゼルスにあるカナダ総領事館でカナダ映画テレビ製作協会(Alliance of Canadian Cinema, Television and Radio)が開催する式典において受賞する予定でした。


キーファー・サザーランドの両親は、カナダ人俳優ドナルド・サザーランド(Donald Sutherland)と女優のシャーリー・ダグラス(Shirley Douglas)。

ロサンゼルスに生まれ、10歳のときにトロント(Toronto)へ移住していました。

その頃からサザーランドは子役としてテレビ出演しており、スタンド・バイ・ミーのエース・メリル役で一躍注目を集めるも、その後は低迷。

「24」出演で、再び脚光を集めていました。


ところで、キーファー・サザーランドより有名なジャック・バウアーの名をポピュラーにしたのは、何と言っても「ジャック・バウアーの歌」です。

CMでも流れてくるジャック・バウアーの歌は、ドラマ「24」でバウアーの声を担当している小山力也氏本人が歌っています。

小山氏本人が相当力を入れて作ったというだけあって、大変インパクトのあるCMに仕上がっており、「24」より「ジャック・バウアーの歌」のほうが印象に残ってしまいます。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。