タカラトミーが「人生銀行」に続く液晶付きキャラクター商品「人生時計」を11月に発売



タカラトミーが、液晶ディスプレー付き目覚まし時計の新製品「人生時計」を発表しました。

「人生時計」は、楽しんで早起きするための目覚まし時計です。

液晶ディスプレー上には、人間の姿をしたキャラクター「時計の住人」が生活しています。

決めた時間に時計を止めて、きちんと早起きを続けると、「時計の住人」の生活レベルが向上。

一方、寝坊を続けると「時計の住人」は転落人生への道をたどるため、「頑張って早起きを続けるようになる」というしかけです。

また、アラームの音もキャラクターの生活状況によって変化します。

基本的に30分以内に起きると、アラームの音も出世します。

最初はニワトリの鳴き声ですが、バイオリンの音色や小鳥のさえずりなどにアラーム音がグレードアップ!

逆に転落人生の道をたどると、アラーム音は騒音に変わっていきます。

「人生時計」の発売予定は11月29日で、価格は3990円。

学生や独身のサラリーマンに受けそうな商品です。


この「人生時計」は、タカラトミーのヒット商品「人生銀行」の姉妹商品と言えます。

「人生銀行」は液晶画面付きの貯金箱です。

こちらも「人生時計」と同様に液晶画面の中に「貯金箱の住人」というキャラクターが住んでおり、開始時にいつまでにいくら貯めるのかを設定します。

「貯金箱の住人」の人生は、お金の貯めっぷりによって大きく変わります。

予定通りに貯まるとハッピーなエンディングに、貯められないと残念なエンディングとなるため、頑張って貯金を続けるようになる」というしかけです。


「人生時計」と「人生銀行」はコンセプトが似通っていますが、「人生銀行」は貯蓄額や「貯金箱の住人」の人生を設定する等、ゲーム要素が強いものでした。

一方の「人生時計」はアラーム時計としての機能面を第一に、あくまでサブ的役割で遊び要素を付け加えた感じです。

「人生時計」のほうが、ちょっと朝の弱そうな人に激励の意味を込めてプレゼントする等、幅広い販売要素がありそうで「人生銀行」よりヒットするのではないでしょうか。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。