アメリカ同時多発テロ事件を、人生で遭遇した最大の歴史事件と全米の81%が認識



約3000人の犠牲を出した2001年9月11日の米同時多発テロから6周年をむかえるなか、米国民の大多数が同テロを生涯最大の歴史的事件ととらえている事実が、10日に公表された世論調査から明らかになりました。

調査を行ったのは、米世論調査会社ゾグビー・インターナショナル(Zogby International)で、9月6日から9日までの4日間に938人を対象に電話調査を実施しました。

これによると、調査対象となった米国民の81%が、米同時多発テロを自身が人生で遭遇した最大の歴史的事件だと回答。

同回答を地域別にみると、東海岸で90%とさらに高い数字となった一方、西海岸では75%とやや下回っています。
 
一方、米同時多発テロを思い出す頻度については、回答者の61%が「週に1回以上」、16%が「毎日」と回答し、91%が「米国本土に対するテロ攻撃が再びあり得る」と考えていることも明らかになっています。

このほか、16%がニューヨークの世界貿易センタービル(World Trade Center)のテロ現場跡地を、犠牲者を追悼するために個人的に訪れたことがあると回答しています。

2001年9月11日の米同時多発テロでは、国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)にハイジャックされた2機の旅客機が世界貿易センタービルに激突し、同ビルが崩壊しました。

さらに、ハイジャックされた3機目の航空機がワシントンD.C.(Washington D.C.)郊外の国防総省(Pentagon)ビルに突入。

4機目がペンシルベニア(Pennsylvania)州郊外で墜落しました。



81%という数字には、このアメリカ同時多発テロ事件に対するアメリカ国民の特別な想いが現れています。

遠く離れた日本にとっても、アメリカ同時多発テロは衝撃的な事件でした。

当時放送されていた久米宏のニュースステーション(報道ステーションの前身)のオープニングで、いきなり煙を噴き上げる世界貿易センタービルが映し出された時のことを、今でも鮮明に覚えています。

事故か事件かはっきりしない中で、2機目が突入、テロであることが明らかになりました。

更に衝撃的だったのは、ペンタゴンから煙が上がっている映像が飛び込んできた時でした。

「アメリカ軍部の中枢が攻撃を受けて、これからの世界はどうなるのか」と大いに不安がよぎったものでした。


この無差別テロ事件の犠牲者は、すべての死者を合計すると2973人とされています。

ただ、これらは不明であることが確認された人数で、実際にはそれ以上の人が犠牲になっているものと思われます。

この3000人にも及ぶ犠牲者の中で、約1100人の遺体が未だに発見されていません。

遺族の方々の心境は、察するに余りあります。

現在でも、世界貿易センタービルの跡地「グラウンド・ゼロ」には、犠牲者の手がかりを求めて遺族が訪れています。


2004年7月、このグラウンドゼロに再びビルを建設するための起工式が行われました。

崩壊した世界貿易センタービルの南棟・北棟跡の祈念スペースを囲むように、数本の超高層ビルが建てられる予定です。

最も高いビルは「フリーダム・タワー(自由の塔)」と名づけられ、アメリカの独立した1776年にちなんで、1776フィート(約541メートル)の高さとなる予定です。


周囲のタワーは、現時点ではタワー2、タワー3、タワー4、タワー5という名称となっており、日本人の建築家・槙文彦氏がタワー4(地上61階)を設計しています。

フリーダム・タワーの完成は2010年、タワー4の完成は2012年の予定です。


この再開発工事が本格化してきたため、毎年9月1日にグラウンド・ゼロで行ってきた追悼式を、今年は近くの公園で行うことになりました。

9/11当日はグラウンド・ゼロでの工事も止まるようですが、そこで記念式典を行うとなると、相当の準備が必要ということなのでしょう。

ただ、多くの犠牲者の手がかりが見つかっていない状況で、グラウンド・ゼロでの追悼式が見送られたことに、多くの遺族が反発しています。

フリーダム・タワーは、新しい世界平和の象徴となるだけに難しい問題です。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

アメリカ同時多発テロ 6年
Excerpt: 今日は「アメリカ同時多発テロ 6年」が気になりました。
Weblog: 気になるメモ
Tracked: 2007-09-11 16:40

諸悪の根源
Excerpt: 米同時多発テロ 11日で6年 今も続く人骨のDNA鑑定あれからもうすぐ6年ですか・・・・・あれを引き起こした元の原因がアメリカ側にあるにしても、その後に払われた代償の大きさを考えると、アルカイダの行為..
Weblog: ねこまたぎ〜それでもやっぱり猫が好き〜
Tracked: 2007-09-12 00:23
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。