ウルトラセブン復活! 新しいセブン像とは?

ウルトラセブンを新解釈した、TBS系「ULTRASEVEN X」が、10月5日からTBS系で放映されます。

時間帯は毎週金曜深2時25分からで、ウルトラマンメビウスが放映されていた土曜日午後5時30分とは大きく異なります。

内容も、時間帯に合わせた大人の鑑賞に耐え得るものになるとのこと。

ウルトラセブンのオールドファンにとっては期待反面、「昔のウルトラセブンの輝きに傷が付かないだろうか?」という不安が入り混じり、複雑な心境です。

とにかく、ウルトラセブンXの第1回目の放送は要チェックです。


ちなみに、ウルトラ警備隊やモロボシ・ダンと言った登場人物も一新されるそうです。

ウルトラマン兄弟のTVシリーズでは「ウルトラセブン=モロボシ・ダン=森次晃嗣」が固定化しているだけに、人物設定を変えたのは正解でしょう。

ウルトラマンメビウスの中でも、森次浩次がウルトラセブンに変身していました。

あのウルトラアイを使った変身シーンは、やはり森次モロボシ・ダン以外にあり得ません。

今度のウルトラセブンXを演じる与座重理久(よざ・えりく)が今風の風貌だけに、全く別の方法で変身するほうが良いでしょう。

携帯電話を使って変身するというのは、当たり前すぎます。

耳やへそにつけているピアスを使って変身するとか。


そのウルトラマンやウルトラセブンは、パチンコにも登場するなど最近人気ですが、その立役者はやはりウルトラマンメビウスでしょう。

メビウスというルーキーを、ウルトラ兄弟が助けるというのは、タロウまでのウルトラ6兄弟やウルトラマンレオでの定番スタイルでした。

かつてのウルトラ兄弟を見ていた世代が父になり、子供がいる。

ウルトラマンメビウスは、そんな家族構成にぴったりとマッチしていました。

メビウスにはウルトラマン80までの全てのウルトラ兄弟が登場しましたが、個人的に一番かっこ良かったのはウルトラマンレオでした。

ウルトラマンレオは、放映当時の視聴率が最も悪かったウルトラシリーズでした(ウルトラセブンが第1話でいきなり足を折られたり、当時の地球防衛軍MACが全滅させられるなど、とにかく暗いイメージだった)。

しかし、逆にメビウスではウルトラマンレオのストイックさが妙に新鮮で、引き付けるものがありましたね。


今回のウルトラセブンXは、ウルトラセブンが昭和42年10月1日の放送開始から40周年を迎えるのを記念して、企画されました。

30周年の時も、ウルトラセブンのオリジナルビデオが発売されたそうですが、当時はそれほど話題になりませんでした。

やはり、ウルトラマンメビウスの成功によるものが大きいですね。

そのウルトラマンメビウスも、ウルトラマン誕生40周年を記念して製作されたウルトラシリーズでした。

これからもウルトラマンジャック(帰ってきたウルトラマン)、ウルトラマンエース、ウルトラマンタロウ、ウルトラマンレオ、そしてウルトラマン80、ついでにザ・ウルトラマンと40周年を迎えるウルトラ兄弟が続々と控えています。

そして、そうこうするうちにウルトラマンが、今度は50周年を迎えることになります。


ウルトラ兄弟という日本最強のヒーローを持つ円谷プロの繁栄は、終わる事はないでしょう。
この記事へのコメント
はじめまして ケーゾーと申します
このたびはTBありがとうございました
自分もセブンが好きで、ウルトラセブンXがすごく気になります
まだまだ詳細は謎だらけのようですね
自分も「セブン」の名がつくだけに期待の半面、少々不安です
とにかく10月5日を待つことにします・・・
これからもよろしくお願いします!
Posted by ケーゾー at 2007年09月12日 01:04
いわのりと申します。TBありがとうございます。
我が家の長男(もうすうぐ3歳)がセブン大好きでオンデマンドTVでテレビ放映シリーズを何度も繰り返しみています。
今回のセブンXが息子に受け入れられるのかは心配(これはせぶんじゃないっ!などと言いそうな予感)ですが、セブン初心者の私も興味津々です。
放映開始まであと少し、楽しみに待っています。
Posted by いわのり at 2007年09月15日 22:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。