F1イタリアGPフリー走行でフェラーリ1,2 日本勢にも期待



F1第13戦・イタリアGP(Italian Grand Prix 2007のフリー走行1回目で、フェラーリ(Ferrari)のキミ・ライコネン(Kimi Raikkonen)は、20周を走行し、トップタイムとなるベストラップ1分22秒446を記録しました。

2位も同じフェラーリのフェリペ・マッサ(Felipe Massa)で、タイムは1分22秒590。

まだまだフリー走行のタイム、それに3位、4位のマクラーレンとほとんど差がありませんが、フェラーリの母国開催だけに期待が集まります。


また、富士スピードウェイでの日本GPも近づいているだけに、日本勢の活躍も気になります。

佐藤琢磨は最近、チームメイトのアンソニーデビットソンの後塵を拝しています。

フリー走行のタイムはまずまずだけに、琢磨には、そろそろ本来の切れのある走りを取り戻したいところ。

また、新しいことに果敢にチャレンジしたホンダのニューマシン、RA107はここまで全くと言っていいほど活躍出来ていません。

日本GPに向け、恒例のスペシャルエンジンだけでなく、大幅なアップグレードも施される予定です。

もはやここまできたら、失うものなど何も無いだけに、「一か八か!」というような大幅改良を期待です。




■フリー走行3回目結果

1位:キミ・ライコネン/フェラーリ - 1分22秒446(20周)
2位:フェリペ・マッサ(Felipe Massa)/フェラーリ - 1分22秒590(17周)
3位:ルイス・ハミルトン(Lewis Hamilton)/マクラーレン・メルセデス(McLaren-Mercedes) - 1分22秒618(18周)
4位:フェルナンド・アロンソ(Fernando Alonso)/マクラーレン・メルセデス - 1分22秒840(12周)
5位:ニコ・ロズベルグ(Nico Rosberg)/ウィリアムズ(Williams) - 1分23秒472(21周)
13位:佐藤琢磨(Takuma Sato)/スーパーアグリ(Super Aguri) - 1分24秒587(15周)
21位:山本左近(Sakon Yamamoto)/スパイカー(Spyker) - 1分25秒448(25周)


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。